head
<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 森、道、市場 | main | [APP] Biophilia >>
2017.06.29 Thursday

スポンサーサイト


一定期間更新がないため広告を表示しています

2011.07.09 Saturday

9×9=∞


こんにちは。

そうですね!この管理人は1回にいくつか記事を書いて、小出しにするってスタイルだから今回も同じようなスタイルなんだね!



今回のテーマは「9×9=∞(無限大)」です。

無限といわれて思い出すのは宇宙のことですよね。

そう、宇宙について私のホットなニュースはビックバンはホントにあったのか?ビッククランチは起こりうるものなのか?………まだまだ、話したいことはあるのでが、自重します。



話がそれてしまいましたが、「9×9=∞(無限大)」です。

合計81マスを使って攻防を繰り広げる「将棋」です。

なぜ、無限大なのか?

よく、囲碁や将棋の話に出てくることなんですが、「宇宙のように広く深い」なんて比喩を使われます。

宇宙のように広く深い将棋にいま、はまってます。

こんなの覚えたての小学生の頃以来です。(小学生の時はその後「スポーツ」に興味が出てしまったためおざなりになりました)



とはいえ、最近は漫画にも将棋が沢山登場します。

ともあれ、私も「ハチワンダイバー」やら「3月のライオン」やら「ひらけ駒」などを愛読しているのです。

この前の休みはどでかいテレビで「将棋」の番組を見ていたくらいです。

私は決して強くは無いので、戦術的なことを言われてもチンプンカンプン?です。ですが、この将棋ブームが再炎している間に覚えてみようかな?



漫画の3作品はどれも好きで読んでいるのですが、中でも「ひらけ駒」が面白い。

といってもケンカがあったり、友情があったり、すごく強い主人公だったり、天才的な主人公だったりというのはありません。将棋が好きな子供とそのお母さんのほんわかしたお話。



「3月のライオン」もうすぐ新刊が出ますね。楽しみです。
2017.06.29 Thursday

スポンサーサイト


コメント
へぇ〜、将棋好きだったんだね。
「3月のライオン」は私も読んだよ。
話は面白いけど、将棋のルールはいまだによく分からん(笑)
  • わんちょ
  • 2011.07.10 Sunday 21:22
コメントする








 
この記事のトラックバックURL
トラックバック