head
<< November 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
2019.11.27 Wednesday

音楽関係の人たちのこれからをサポート[Youtube]




Youtubeを使おう!
たくさんの視聴数のあるYoutube見たことある人は多いことでしょう。
私もよく見てます。
Youtubeでは探すと音楽関係の動画がたくさんあります。
MVだったり、楽曲だったり、アルバム一枚丸っとあったり、オフィシャルのチャンネルだったり、違法アップロードだったり....
最後の違法アップロードはやってはいけませんが、オフィシャルのチャンネルを立ち上げて、ここで新曲の発表や動画ニュースなどを流してはいかがでしょうか?
このYoutubeを利用する理由は再生数が多くなれば金額が発生すると言うことです。

自分のチャンネルを立ち上げる
ご自身がオフィシャルのページを作り、ご自身の楽曲をアップロードします。
できれば動画としてアップするのが好ましいです。
動画の撮影はスマホでOK(今のスマホはマジですごい)
スマホ三脚にスマホを設置してそのまま録画でもいいかと思います。
作り込めるならなおよし。

CDを作ることをやめよう
えっ!と驚くことかもしれませんが、CDを作らない。
とにかく聞けるのはネットだけ(まずはYoutubeのみ)にします。
Youtubeか、ライブハウスでしか聞けないようにします。
できればライブの様子もYoutubeにアップするのもいいでしょう。
CDが無いといろんな人に聞いてもらえないと思われるかもしれませんが、CDに変わってSNSで紹介したり、ショップカードのような紙媒体や画像データでチラシの代わりにする。YoutubeのチャンネルをQRコードにして送り合うのでもいいですね。
こんな感じでどうでしょうか?



サブスクリプションサービスに登録
まだCDは作りません。笑
ある程度Youtubeにお客様が流れ込んできたら金銭が発生するかもしれません。発生してたらいいなー。
次は音源のみのデータをリリースします。
が、CDではありません。
Spotify、Apple Music、AWA、LINE MUSICなど現在音楽のマーケットがこのようなサブスクリプションサービスに移行しているように思います。
だったらこのビックウェーブに乗りましょうよ!

最後にCDを作ろう!
ここまできている方はおそらくライブハウスを満帆に埋められているのでは無いでしょうか?
ここまできて満を持してCDの制作です。
ここまできたらなかなか売れているのでCDの必要性を感じないかもしれません。
ですが、私のような昔の人間はやっぱりCDを持っていたいのです。
この時、作りすぎないようにしてください。
初回で売れないとただの不良在庫になっていしまいます。
足りないくらいがちょうどいいのです。
需要と供給のバランスは“需要”が必ず上回るようにするのです。
もしかして、ネットショップでの販売も考えているかもしれませんが、数量を多くしないようにしてくださいね。

最後に

とにかくネットをメインに考えることが大事かと思います。
CDは売れなくとも音楽聴く人の絶対数が減っているわけでは無いのです。
CDというマーケットは減退しているのです。
誰かこのプランをやってみない?
前提として演奏の練習はしてくださいね笑
2019.11.27 Wednesday

音楽関係の人たちのこれからをサポート


私は音楽が大好きです。
学生の頃に様々な音楽に触れてからずーーーっと音楽と共に生活をしています。
メジャーもインディーズも海外もロックもエレクトロもヒップホップも...とにかく好きです。

私の学生の頃はCDが「ミリオンヒット」という言葉が広まっていて、GLAYや浜崎あゆみとか安室奈美恵とか小室哲哉やつんくがCDを出せば100万枚以上の売り上げがありました。

が、現在はCDはなかなか売れないらしい。
確かに、私も以前ほどCDを買うことが少なくなったと思います。
さらにネットを調べれば好きなバンドや音楽が無料で流れている状態です。
著作権が反映されないネット配信の記事は探せばいろんな人がお話されているので割愛します。

ということは音楽を作ってもCDが売れない...
これは単にCDが売れないと嘆くだけでは終わらないのである。
端的に言うと、バンドなど楽曲を造るクリエーターにお金が入らないのである。

お金がないとバイトや就職などして働くしかない。
すると楽曲制作や練習する時間がない。ツアーに回れない...
負のスパイラルに陥ってしまいます。

アーティストなどの夢を売る仕事の人に対して「お金じゃないだろ!夢を売る仕事だろ!」なんて言いません。ビックな夢を掴んでより良い楽曲の制作に集中してほしいと思っています。

メジャーレーベルの人たちならば、CDの流通や広告、ツアーを組むなど色々レーベルがサポートしてもらえます。
ですが、インディーの方はどうでしょうか?
難しいですよね。

ネットを使いましょう。
楽曲をネットで買うの?ネットでは無料ばかりなのにわざわざネットで楽曲を提供するの?

そうです!
CDが売れないと嘆いていても何も変わりません。
売れるように頑張る!といってもおそらく難しいです。
だったらネットを利用しましょうよ!
世の中の流れに“対応”しましょうよ!

と言うわけで、次回はこれから音楽を仕事にしたい人への「音楽関係の人たちのこれからをサポート」の私のアイディアを書きたいと思います。

では、また。
2019.10.11 Friday

名刺



名刺は「91mm×55mmのキャンパスにあるアート」
続きを読む >>
2019.08.30 Friday

ロゴデザインについて


logodesign2.jpg

ロゴデザインとは視覚的に企業や団体などを示すものである。
ロゴは企業やグループ全体で機能し社会とのコミニュケーションの中心を担う要素です。
特にロゴマークは企業やグループの思いやアイデンティを内包したマークであるのです。
ロゴはチラシや名刺とは違いすぐに変えるようなものでなく、この先10年、20年、もっともっと使用されるものです。
グラフィックデザインの中では最も重要で責任のあるデザインです。
そのため、私たちもロゴには細心の注意を払い、様々な想いやアイデンティティが融合するよう製作しています。
責任やプレッシャーは計り知れないものがありますが、デザイナーの醍醐味だと私は思います。

続きを読む >>
2019.07.03 Wednesday

デザインコラム




勝手にデザイナーとしてのコラムを書いていこうとおもいます。
私自身の考えや思想を垂れ流すコラムですので興味があれば読んでみてください。
続きを読む >>