head
<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
2017.05.31 Wednesday

新しいものが好き


すっごい久しぶりの更新になってしまったが備忘録のように記事を書いておこうと思う。

ここ最近は新しいバンド等を自分から探す事も無く、自分の大好きな2000年前後のバンドや曲に浸るような毎日でした。
が、久しぶりに新しいバンドを漁るように聞いてみるとものすごい!
いくつか覚えておきたいバンドがあるので紹介ついでに自分も覚えておこう


[YKIKIBEAT]


[DYGL]


どちらも兼任するメンバーが3人いるのですが、Vo.秋山君を中心としたバンドのポテンシャルがやばい!
こんなに若くてこんなに未来に有望なバンドがいることにものすごく驚いた。
The StrokesやThe Libertinesが好きな人はスポッとはまるようなメロディーラインはニヤニヤしちゃうよね。
惜しくもYKIKIBEATは活動休止してしまったみたいだが私としてはDYGLの今後に期待!

-------------

[never young beach]


昭和のフォークソングをベースにPOPでさわやかなメロディーが特徴的なnever young beach
最初聞いた時ははっぴいえんどなのかな?なんて思うほどどことなく懐かしく感じるのは、このメロディーだからだろうかそれともこの歌詞なのだろうか?私はメロディー至上主義なのだがすっと入ってきたこの歌詞に心が温かくなったのは自分でも驚いた。
このバンドが気になって調べてみたら「ただハッピーと思われるのは違う」「誰かに影響されるのはやめようと思いました」などの記事があった。中でもフフッと笑ってしまったのが「「ネバヤンの曲は全部一緒なんじゃねえか?」みたいな話にもなったんですけど、「一緒でよくね?」って思ったんです。」
いいよね!こんな風に思えたら素晴らしいと思います。
蛇足ですがYogee New Wavesもこんな感じよね。

-------------

[Nulbarich]


Suchmosが夜に聞くナンバーとすればこちらは昼に聞くナンバーではなかろうか。
メロディーはとても気持ちよくさわやかな感じにさせてくれるマルーン5やジャミロクワイのような...
とにかく気持ちよいサウンドがso good!

-------------

[MOTHBALL]


もしかしたら覆面とか何番煎じよ!とか言われるかもだけど、最初に聞いたのはyoutubeの自動再生で流れてきた時でした。
恥ずかしながらメロディーのみ聞いていたので、blink182かと思って聞いていたのですが、途中で「いやいや違うでしょ、日本語も聞こえるし...」と思って画面を見たら覆面だった。
他の曲を聞くと細見武士を初めて聞いたとき(エルレの時だね)のような感じを思い出した。
とにかくエモーショナルなロックだよ!なんか久しぶりな感じがしてよかったなー
もちろんMONOEYESもいいね!

ともあれ今後に期待大のバンドでした。
素人目に見た評価なのであまり当てにしないでください。聞いて自分で判断してね。
2015.03.31 Tuesday

すごく遅くなったけどやっぱり書く パート1


ずーーーーーっと書いてなかったブログの更新です。
どれくらい書いてないのかな?半年くらい?
9月が最後の更新だから...7ヶ月だね。
そんな前置きより久しぶりの更新は年末年始のコトです。

2014-2015の年末年始のお休みが9日あったのでぜーーんぶ使ってフランスとスペインに行ってきました!
実は5月くらいから計画していて実は6月には航空券を購入していました。

今回の旅のテーマは「フランスだからってケチケチしない!たまにはドーンと行こう!」です。

1日目は日本〜フランクフルト(乗継)〜パリ〜リヨンです。


やっぱりこれから始まります。


ルフトハンザでGO


これはもうお通しですよね。


第1回機内食


第2回機内食


到着!シャルルドゴール!


待ち合いで食べたカヌレ


世界最速新幹線TGV

続きは後ほど。

この日の珍道中の事は続きを読むからどうぞ。
続きを読む >>
2014.09.27 Saturday

映画観


先日久しぶりにゆっくりと映画を見た。
見た映画は「森崎書店の日々」「指輪をはめたい」の2本です。

森崎書店の日々 予告


指輪をはめたい 予告

このどちらも原作は読んだのですが、映画も見ました。
よく「映画よりも小説の方が面白い」と耳にすることがありますが、私は特にそのようなことはないみたいです。小説も映画もそれぞれに楽しめます。
「となり町戦争」は本を読んだ直後に見てみました。巷の噂を検証するためです。

となり町戦争 予告


検証の結果、どちらも違った面白さがある。と私は思ったのですが、皆さんはいかがでしょうか?もしよかったら、皆さんもためしてみてはいかがですか?笑

今回は表題の通り私の映画観のお話です。興味がないならパスするのをお勧めします。笑
私が映画に興味を持ったのはやはり スターウォーズ です。
人生最大の衝撃と興奮でした。ジェダイがフォースを使い、ライトセーバーで戦う。小さい頃の私はそれだけでもすごく興奮したことを覚えてます。興奮は未だ継続中なのです。
それからはSFやアクションにどっぷり…すると次はジャッキーにハマるのは必然ですよね。笑
その後は母の影響でサスペンスをどっぷり。
そんなこんなしてる間は洋画一辺倒で邦画はあまりみてませんでした。
そんな私が邦画を見るようになったのはスワロウテイルと濱マイクシリーズ(最初の白黒のやつ)でしょう。
どちらもスタイリッシュで日本もこんな面白くカッコイイ映画を作るんだ!と思いました。
その後いろいろ見ましたが、ここで自分の好きな邦画を分析してみたところどうやら同じ監督作品に惹かれることがわかりました。
日本人監督では岩井俊二監督、石井克人監督、是枝裕和監督、林海象監督などでした。
特に岩井俊二監督作品にはどっぷりはまりました。
その頃には海外の好きな監督もわかりました。
洋画と邦画 両方を見るようになったのはちょうど大学生になった頃でした。年代で言えば2000年ですね。
この前後はたくさんの映画を見てたこともあり好きな映画もこの年代に多いです。
そしてもうちょっとディープにこの2000年前後の作品について私見ですが語りたいと思います。

この頃の私の洋画の印象としては監督のエゴが前面に出ていたり、話が投げっぱなしになってたりする作品が多いと思います。
映像美>ストーリー のようにすら思いました。その映像美は今の映像美には遥かに劣りますが、その時の技術をふんだんに使った映像です。そんな中、素晴らしいストーリーの作品も数多くあります。
が、私が見て欲しいのは、観客を楽しませるための映画では無く、監督のエゴが、映像美が、衝撃が作品から観客への一方通行になっている作品です。この作品が受けなきゃそれでいい。俺は(私は)映画を通してこんなメッセージを、こんな作品を撮りたかったのだ!と思わせるような映画。それを私は映画という枠組みを超えた映像芸術とさえ思ったほどでした。もしかしたら私がストーリーをよく理解できてなかっただけかもですが…笑
そうそう、この時期ってミニシアター系の映画がとても流行しましたね。わたしもばっちりこのビックウェーブに乗ってた訳です。笑
私がミニシアター系の映画が気に入ったのはジャケットやポスターがとてもかっこいいという事も理由の一つですね。

とまぁ、そんな感じの私の映画観でした。
じゃあ、オススメはなんだよ!とかの声が上がったら嬉しいですが、作品の受け取り方は人それぞれなので私はオススメは控えます。悪しからず。

最後に、一言だけ。
そのうち本気で映画を撮りたいと切に思っているので、一緒に作ってくれる方が居たらご一報くださいね 笑
面白そうなネタは幾つか持ってます!笑
続きを読む >>
2014.08.15 Friday

なんだかんだでずっとこれの日々


なんだかんだでずっと”これ”の日々が続いています。
最初の衝撃はたしか2010年頃だったと思いますが、どこからともなく「Manu Chao(マヌチャオ)」という名前が耳に届き調べた。
どうやらスペイン(バスク地方)出身のバンドらしい。スペインのバンドって...スペイン語の知識が無いから何言ってるかわからないし、スペインのマドリードならまだしもバスクって...知ってる人の方が少ないんじゃ...なんて勝手に思ってました。
早速youtubeで検索した。そのときはライブの様子を見ようと思って気軽にクリック!
次の瞬間の衝撃はすごかったね!ものすごく興奮したのを覚えてます。
そりゃ、名前も顔も歌っている内容も何も知らないけど、テンションは上がるしハッピーな感じになった。

参考までにどうぞ。


さらに2010年トヨタロックフェスティバルでは「ESNE ZOPAK(from Basque)」なるバンドが出演。
もちろん私は”from Basque”に惹かれて見ましたよ!
今度はyoutubeではなく、ライブだ。
めちゃくちゃ楽しかった!筆舌できない自分が疎ましいほどに楽しかった。



そこからふつふつとスペイン(主にバスク)について興味が湧き始めたのである。

そして2013年のトヨタロックで見た「LA PEGATINA」にて決定づけられました。
今の私はこの音楽がとても好きなんだと再認識した瞬間ですね。




そこから本腰をあげてスペインのアーティストを調べる事に。
La PEGATINAを調べていたらyoutubeの右側に出てくるオススメ動画?的な欄によく出てくる名前がある。
「Bongo Botrako(ボンゴ・ボトラコ)」よく出てくる。
聞いてみない事にはわからない。ということで早速クリック。



そして、いくつか調べてわかった事がManu ChaoとESNE beltzaはバスク地方、La PEGATINAとBongo Botrakoはバルセロナこの辺りの音楽がどうやら好みらしい。
特に今はバルセロナのスカにとても興味がある。
言葉も彼らのバックボーンも何も知らないが、知っている事は曲を聞くとハッピーになる事だけ!
あとはライブや現地に言ってみない事には何とも...

行ってみるか?バルセロナ...笑
2014.06.21 Saturday

森、道、市場2014にはお手伝いで参加


このタイミングでいろいろ更新してしまおうと思っている私です。
あざといです。

先月のお話ですが、森、道、市場2014にお手伝いで参加してきました。

森道市場

私がお手伝いしたのはTシャツのプリントができるワークショプのお手伝いです。
今回はプロのPrint manをご招待致しまして実際にシルクスクリーン印刷を体験して頂きました。
と、このように書くと私が立案、計画、実行をしたと誤解を招いてしまうので、ちょっと説明。

今回の出店は「tsutau-つたう」というプロジェクトを実行されています堀山さんが立案、計画、実行をして頂いて、ほんとにそれをお手伝いするということでの参加です。
tsutau -つたう- とは、「変わらない価値を備えた、親が子供に残せるものを作りたい。」という想いで生まれたプロジェクトです。
詳細はこちらからどうぞ
[tsutau -つたう- ホームページ]
http://cocohale2012.wix.com

[tsutau -つたう- ネットショッピング]
http://tsutau.theshop.jp

ということです。

森、道、市場では、Tシャツのワークショプ(私はそこの売り子さんをしていました。)と「ひんやり襟巻き」「蝶ネクタイ」の販売でした。
Tシャツについては、皆様が希望されていたのは既に出来上がっているTシャツをリーズナブルな価格で欲しいとの事でした。
ですが、お店の前を通られる方は「何かやってんぞ?!」という感じで覗いて興味はあるみたいでした。
私はTシャツが大好きなのでとてもわくわくしながら見ていました。
ほんとにライブはそっちのけです。

「ひんやり襟巻き」と「蝶ネクタイ」についてはほとんどノータッチでしたが、「蝶ネクタイ」はいいかもしれない!
ネクタイをするまではないけど、ちょっとしたパーティーへ出席するようなときや、ちょっとしっかりした打ち合わせがある。という時に大変使い勝手が良さそうな感じがしました。
という事で、いつの日かオリジナル蝶ネクタイをつくってみたくなりました。
何となくイメージはできているので、後は落とし込むだけですがなかなかできてません...
オリジナル蝶ネクタイができるまでは、首をなが〜〜〜くして待っててくださいね。

今回の売り子とはあんま関係ないけど森、道、市場の写真はオフィシャルブログからどうぞ
[森、道、市場 オフィシャルブログ]
http://mori-michi-ichiba.info/